敏感肌のスキンケア。  

皆様こんにちは、ラ・ジュネス山手倶楽部 山下小百合です。

ここ最近、花粉症や肌トラブルが多く現代病だなあと感じます。

私がエステの勉強をしていた当時は(20年前)は敏感肌や花粉症と仰る方が少なかったのです。

今は少しの花粉症でも 予防として薬を飲む方も多いですがお薬は身体を弱くしますので

なるべくなら食事や睡眠や外出を避ける等日常生活の改善を御薦めします。

神経質になる肌のトラブル 

化粧品がどれも沁みる。使えるものがないのでとの相談も多いのですが

1度そういう経験をしたら どうしても前向きになれずに ご自身の考えで自己判断する傾向にあるのですが

そんな中でもお肌は刻々と老化しています。

その事も理解しながら お休みする事はマイナスからのスタートだという事を理解してください。

 

敏感肌にはならないように普段から保湿を十分心がけてくださいね

敏感肌とは? 

① バリア機能の低下 (擦ったり 保湿を怠ったり 髪の毛が当たり擦れたり 毛染め剤で炎症を起こした後表皮が弱くなった)

② 肌が薄くなった (年齢的な事 ピーリングを経験した等)  

この2つが主な原因と考えられます。  

アレルギーのパッチテストではそう反応しない事が多いです。

 

化粧品が合わないのではなくて、肌が摩耗して使えないと思ってください。

 

化粧品がどれも沁みる場合 どうしたら良いのか?

ヒリヒリしている時に普通のお化粧品は使用できません。

怪我をした時に 水でも痛い経験があるでしょう?

それと同じく、皮膚科でワセリンやステロイドを処方して貰い塗るしかないのですが、ここで注意して欲しい事は?

このワセリンやステロイドは美肌の効果ではないという事です。

 

敏感肌も老化現象の1つです。

ワセリン等はどうしてもの時に使う手段であり、最悪の状態を脱皮したあとは

通常のスキンケアに戻して 1からスタートしてくださいね。

 

無添加なら安心とか? 勝手に思い込んでいる方が多いですが

 

無添加とは? 何を意味するのか。

 

過去記事

無添加で気にしてほしい事はこちら 

防腐剤を使用しないのなら 期限は守れますか?は こちら

ご自身の肌のメカニズムを把握しましょうね。

 

敏感肌 ハーブ系危険 リセラ肌 間違ったスキンケア

皮膚が薄く 敏感肌になった症例

 

ラ・ジュネス山手倶楽部

【住 所】 兵庫県相生市大石町
【アクセス】 JR相生駅徒歩約1分 姫路市内より西へ約20分
【受付時間】 9:30~16:00 完全予約制/不定休
【電話番号】 0791-23-2138

この記事の投稿者

山下小百合

お肌の改善を得意としたラ・ジュネス山手倶楽部代表
株式会社ラ・ジュネス代表取締役

自分自身の肌と、子供たちの肌もアトピー性皮膚炎で悩んだ事がきっかけとなり35歳の時に美容の勉強を本格的に開始。
原因を突き詰めると石油系合成界面活性剤などの化学物質が肌に悪いとう結論に至り取り扱う化粧品もセレクトして2001年、兵庫県相生市でサロンをオープン。

ニキビ、乾燥、敏感肌、シワ、ニキビ。これまで数多くの症例を出しています

 2017年 6月から遠隔エステを開始(商標登録済)

今はご来店頂けない全国の方からお肌のご相談を頂いています。

「顔は名前以上に自分を代表する貴重なパーツです」

山下小百合との出会いが自信に満ちた輝く人生の一助となりますようにとブログを更新中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

コメント

comments

ページ最上部へ