女性特有のシミ 「肝斑」について

こんにちは、山下小百合です。

今日は改善方法が難しい「肝斑」についてブログを書きます。

 

剥離系エステや化粧品を使った方、

レーザーで刺激を受けた方が特に目立つようです。

肌が薄いかたは気をつけてください。

シミは30歳でます。

シワは40歳から目立ちます。

たるみは50歳からです。

 

「肝斑」は女性ホルモンが大きく関係しますので40代から出ます。

 

予防方法は肌を薄くしない事が大切です、エステに通っても強いマッサージや機器で肝斑の原因になりますのでエステ選びは慎重にされた方が良いです。

お顔のシミには

●老斑 (一般的なシミ)

●刺激による色素沈着

●肝斑

●ADM

●太田母斑(あざ)

などあります。

私のシミはどれに当てはまるか?

これを見極めるのはドクターでも難しいと言われています。

私の顔にも色んなシミがありました。

 

 

35歳まで普通の主婦でしたし、エステにも通いましたが何の効果もなく自分で実験の繰り返しでした。

 

 

シミの原因と解決策は皆違う

皆酸はシミと聞くとみな同じと思っていますが違う事を理解してください。

 

肝斑の特徴と原因

女性ホルモンのバランスが原因。

男性にはできないシミです。

特徴は左右対称にできますし。目の下のほほ骨の高い位置にでます。

肌が薄くなり肝斑目立つ 

肝斑の症例 ラ・ジュネス山手倶楽部

40代 当店のお客様です。

私の肌にも、老斑、肝斑、ADMがありました。

赤で囲んだ場所の赤黒さは異常でした(45歳から53歳まで段々濃くなりました)

肝斑、40代の肌

私の肌には広範囲に渡り、肝斑がありました

この広範囲になった原因は、レチノイン酸、ハイドロキノンで肌を薄くしていたので肌が薄くなり肝斑が透けてきたのだ思います。 

流行に飛びつくのは危険です。

レーザー系でも10年後どうなるか?がわからない

そんな間にブームになるから怖いのです。

 

これは皆さんご存知無いかもわかりませんが ほくろのようなシミですが

ADMと言います。

これも私の症例です。

ADM

シミの色々 ADM

ADMは、化粧品の商材で消すのは難しく専用のレーザーしか方法は無いと言われました。 

クリニックで専用のレーザーを1回当てましたが、

見事に肝斑が大暴れをして益々汚い肌になりました。

クリニックの先生も驚いて2回目を薦めませんでした。

その後は、クリニックの先生も頼りにならず信用できませんので

自分で何とかするしかない。

 

 

試行錯誤で、このADMも消えてくれてホッとしています。

シミの色々 

ADM はレーザーで失敗しましたが、見事綺麗に消えました。

 

 

剥離をして取れるシミは老斑のみ。

 

肝斑の場合は逆に肌が薄くなって透けて見えるので 剥離系エステはよっぽどのベテランにお願いしないと危険でしようね。

 

肝斑は、飲む薬もありますが血栓の原因にもなりますので「薬」には副作用があることをお勧めなく。

私はオススメしない派

 

です。

素人判断でこれは肝斑だ シミがと決めつけない事。

プロでさえ見極めができない事を知る。

誰から指導を受けるのか?

遠隔エステの方でも、パンフを見て

ハイドロキノンが美白だから思い使いたい!と仰る方が多いのですが、誰にでも販売はしませんよ。

 

キッチンハーターでふきんを漂白するとどうなりますか?

真っ白になりますが、ふきんはボロボロになりませんか?

 

なんでも付ければ 漂白剤のように薄くなる成分は無いのです。

誰に指導を受けていますか?

 

 

ラ・ジュネス山手倶楽部

【住 所】 兵庫県相生市大石町
【アクセス】 JR相生駅徒歩約1分 姫路市内より西へ約20分
【受付時間】 10:00~17:00 完全予約制/不定休
【電話番号】 0791-23-2138

この記事の投稿者

山下小百合

お肌の改善を得意としたサロン
ラ・ジュネス山手倶楽部代表

自分の肌と自分自身の子供たちの肌もアトピー性皮膚炎で悩んだ事がきっかけとなり35歳の時に美容の勉強を本格的に開始。
原因を突き詰めると石油系合成界面活性剤などの化学物質が肌に悪いとう結論に至り取り扱う化粧品もセレクトして2001年、兵庫県相生市でサロンをオープン。

ニキビ、乾燥、敏感肌、シワ、ニキビ。これまで数多くの症例を出しています

 2017年 6月から遠隔エステを開始。

今はご来店頂けない全国の方からお肌のご相談を頂いています。

「顔は名前以上に自分を代表する貴重なパーツです」

山下小百合との出会いが自信に満ちた輝く人生の一助となりますようにとブログを毎日更新中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

コメント

comments

ページ最上部へ