まぶたの老化/まぶたの弛み/目のシワ 

こんにちは 山下小百合です。

今日は、質問の多い瞼の老化についてブログを書きます。

「目」「瞼」はやっぱり気にしている方が多いですね。

全ては「目」から肌老化は進行すると私は思っています。

 

今朝もお客様かた 「これは肝斑ですか?」と質問が有りましたが。

眼鏡が当たる部分にシミが出来ていたので 老班(シミ)ですとお返事しました。

普段眼鏡をかけていなかった方も老眼鏡をかけ出したら目の下にシミができたと仰る方も多いです。

ですので私は老眼鏡も不要なように努力しています。

一言でいうシミでも 「老班」と「肝斑」ではスキンケアの種類が異なりますのでね

何度も言っていますが、全てに効果のある魔法の化粧品なんてこの世には有りませんので

私のお客様は、その都度ご相談ください。

 

私自身先程も説明しましたが 全ては目からと考えケアをしてきたのでそんなにシワやくぼみはありません。

だけど・・・。アイクリームは付けない方が多いのはなぜ?と疑問に思います。

50歳の皆さんは、だからといって諦めないでください。

 

今からでも間に合います(手遅れの場合は ほかの方法をご紹介します)

ご新規様にも沢山喜びの声を頂いています。

ご紹介しますね。

そうそう、なんとなくですが、法令線のところがふっくらしてきて前より薄くなっている感じと、目の下のクマが薄くなっているのではという感じです。
いやもちろん人から見ればえー?どこが?のレベルかもでそれなりにしっかりしっかりあるのですが(^^;前よりはという話です💦

アイクリームは、もうすでにしっかり入ったシワには無理かなぁと思っていたのですが、クマに効いてくれている気がします。

このお化粧品を買うまではSK-IIのステムパワーを15000円で買うのも高い気がしてたので今のは、イタイな〜と思うこともありますがそれだけに効果は高いのですね。
もちろんアミノ酸サプリのお陰も十分にあると思います。毎日寝る前に飲んでいます。

お客様が実感してくださり嬉しいです。

 

特に人の視線が集中するのは目元です。

その目元の変化で顔が険しくなったり印象が変わります。

まぶたの老化

早い方は30代から目の下のクマ、たるみに老化が生じます。

目の周辺は皮膚がさらに薄く、骨が空洞になっていますよね?

頬のように筋肉の上に乗っている皮膚とは異なる為に構造も複雑です。

顔の中で一番早く老化が現れる部分です。

特に瘦せ型の方は気をつけましょう

瘦せ型で、骨格ががっしりとした方は瞼がくぼみやすいです。

目のマッサージなどへ行く方も多いですが、皮膚が伸び さらにドロンとした目元になりますので要注意です。

加齢とともに(更年期)コラーゲンの生産工場は閉鎖します。

瞼にハリが無くなり支えきれなくなった脂肪が下に下がり垂れます。

 

瞼の老化 瞼のたるみ

瞼の老化 順子さんも一時期悩んでいました。

目元の血行不良

目の下のクマ、瞼のたるみの原因はずばり血行不良です。

身体の中から貧血の解消をする事

血の巡りを良くする事

スキンケアでは、保湿を土台に血行促進を意識した成分が必須です

私が推奨するアイクリームは、この成分が濃厚ですので塗布後に赤くなりますとの声も頂きます。

だから合わないのではなくて、血行が良くなる状態だと理解してください。

目の皮膚は、他の部分の皮膚と構造が異なります。

第一に血流を促進しないといけませんので 当店のアイクリームとサプリが最大の発揮をしてくれるのです。

当店のお客様はご相談ください。 

目のたるみは、おでこのシワの原因になるのです。

過去記事もお読みくださいね。 おでこのシワの原因

 

ラ・ジュネス山手倶楽部

【住 所】 兵庫県相生市大石町
【アクセス】 JR相生駅徒歩約1分 姫路市内より西へ約20分
【受付時間】 10:00~17:00 完全予約制/不定休
【電話番号】 0791-23-2138

この記事の投稿者

山下小百合

お肌の改善を得意としたサロン
ラ・ジュネス山手倶楽部代表

自分の肌と自分自身の子供たちの肌もアトピー性皮膚炎で悩んだ事がきっかけとなり35歳の時に美容の勉強を本格的に開始。
原因を突き詰めると石油系合成界面活性剤などの化学物質が肌に悪いとう結論に至り取り扱う化粧品もセレクトして2001年、兵庫県相生市でサロンをオープン。

ニキビ、乾燥、敏感肌、シワ、ニキビ。これまで数多くの症例を出しています

 2017年 6月から遠隔エステを開始。

今はご来店頂けない全国の方からお肌のご相談を頂いています。

「顔は名前以上に自分を代表する貴重なパーツです」

山下小百合との出会いが自信に満ちた輝く人生の一助となりますようにとブログを毎日更新中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

コメント

comments

ページ最上部へ