サロン経営の小百合塾

お金のイメージ 小百合塾でお伝えしていること

皆様 こんにちは。 山下小百合です。

当店では顧客様からも要望が多いので「お金のお勉強」を小百合塾でも取り入れています。

小百合塾とは? これから自立したい方や独立したい方、1人サロンで売り上げを上げたい方へのビジネス塾です。

●顧客様又はブログ読者様からの要望でスタートしました。

昨日もビジネス小百合塾でした。 

ランチはサロンの近くで(850円のランチ) 豪華~。

昨日お話しした内容は、顧客心理ですが、

その中で、お金について生徒さんが、大きくうなずいておられたので今日のブログに書きます。

お商売人さんは、サラリーマンとお金の流れが正反対です。

サラリーマンは投資なし、収入が先。

自営の場合は、出すが先、収入は後。

ですのでサラリーマン的な考えをして貯金通帳の数字を見てはにんまりしたり。

財布からお金を出すのが嫌な方、細かい方は商売はできないと思うのです。

将来の不安為に貯め込んでばかりいる方は、お金の循環が悪くなりますので

お商売には向きません。 

そして家計簿をつける癖のある方もだよ。

だからって。

何の根拠もないのに出せば入ると言い

ビクビクしながら使っていてもお金は底をつきます。(負の感情が現実化するためです)

お金は入ってくる時よりも、出て行くときに喜べる人こそ

豊かになる原則だと私は思います。

ですので。支払い(請求書)が来たら

私は、直ぐに支払います。

しかも、快く支払う。

支払いを、だらだら遅らせる人もいますが。

お金の循環を留めてしまう事になります。

やむを得なくて・・・。借金をしたとしても。

直ぐに返す習慣がない人は

信頼も失われ、大切な人も失ってしまう事になるでしょ?

親子や兄弟でも、「お金」で仲が悪くなるものです、

親しき中にも礼儀あり、私は姉妹でお金の貸し借りはしたことがありません。

親族の遺産相続争いは醜いですよね?

お金は人を変えます。
だから、お金の考え方で合わない場合は
夫婦でも別財布をお勧めします。

お給料が入ってきて明細を見てワクワクするのではなく。

使ってワクワクする。

お金を送り出すときに、ビクビクではなく 喜びの波動を乗せて送り出し、
そのお金は全国を巡り、再び喜びの波動を乗せたまま循環し、また私のところへ戻ってきます。

私の父は素晴らしい人で、面白いようにお金を使う人でした。

「高いからダメ!!」とか私は言われた事が無く 
学生時代にマックスマーラーのコート(30万円程)を普通に買って貰っていましたしね 
今でも金銭感覚が違うのもそのせいかも?(笑)? 

お金を稼ぎ、人に使い、与える喜びが、廻り巡り 自分のご利益になっていると父は常に話していましたので、せこい男性をみると私はぞっ!!とします。

愛も一瞬で覚めます。

払える人になる。

だから、払える人になりたいと思い仕事を頑張るわけです。

専業主婦という生き方は、私には考えられないです

稼いだお金は顧客様にも大盤振る舞いをします

ポイントカードなんてその代表ですよ。

10個で5000円の金券です。

ただし、ルールを守った方に限り捺印です。

お肌も出すが先。(汚れを取ってから美白入れる)

お金も出すが先。 (投資してから利益を上げる)

小百合塾は小人数制 3名1チームでお申込みください。
スクールをお申込みの方は個別で受け付けます。

感想を頂戴しましたよ、 私の種明かしだって(*^-^*)

私のご紹介はこちら、神様から次々と仕事を与えられる私の使命(笑)

http://la-jeunesse.jp/

ラ・ジュネス山手倶楽部

【住 所】 兵庫県相生市大石町
【アクセス】 JR相生駅徒歩約1分 姫路市内より西へ約20分
【受付時間】 10:00~17:00 完全予約制/不定休
【電話番号】 0791-23-2138

この記事の投稿者

山下小百合

お肌の改善を得意としたサロン
ラ・ジュネス山手倶楽部代表

自分の肌と自分自身の子供たちの肌もアトピー性皮膚炎で悩んだ事がきっかけとなり35歳の時に美容の勉強を本格的に開始。
原因を突き詰めると石油系合成界面活性剤などの化学物質が肌に悪いとう結論に至り取り扱う化粧品もセレクトして2001年、兵庫県相生市でサロンをオープン。

ニキビ、乾燥、敏感肌、シワ、ニキビ。これまで数多くの症例を出しています

 2017年 6月から遠隔エステを開始。

今はご来店頂けない全国の方からお肌のご相談を頂いています。

「顔は名前以上に自分を代表する貴重なパーツです」

山下小百合との出会いが自信に満ちた輝く人生の一助となりますようにとブログを毎日更新中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

コメント

comments

ページ最上部へ