群れない美学 

新年明けましておめでとうございます。

今朝は、朝9時半に起床しました。

一応主婦ですが、起きたら見事に朝支度が出来ていました(笑)

1日目は私が支度したのですが今日は寝坊した事で、私よりも美味しいお雑煮が用意されていました。

 

我が家の雑煮はおすまし仕立てです

私が偉そうに母親ぶらなくても、こうして子供達はもう一人前に何でもできます。

 

私の役割は終わったなと思った瞬間急に退屈になりました〜。

これからどう生きよう?

 

孤高と孤独

今年は年号が変わります。

新皇后の雅子様と私は同じ年ですのでしっかりしないといけないなあと思い、一応今年のイメージを描きました。

 

きちんと生きる事(凛)を目標にします。

 

そんな今朝は和ダンスを眺めていました。

和服の色々

今までは冠婚葬祭専用として着物を出していましたが、56歳になる今年は普段にも着こなせるようになりたいと思うのです。

 

私の祖母は普段にも着物姿で家事をしていました。

その姿を見た時、私はなんて美しい祖母なのだろうと思いました。

私は小学生で祖母は60代後半の出来事です。

今日はお正月2日目で外出しましたが、和服姿の女性を見なくなり日本の伝統を少しでも継ぐ役目は私達世代なのでしっかりしなきゃと思ったのでした。

ファストファッションも時代の変化で良い事なのですが、日本人としての和の心や美学を普通に熟せる女性になりたいなあと。

 

群れない美学

そこで、和服だけは洋服と違い着こなせる為にいくつか努力が必要です。

今すぐ何とかなるドレスとは違い積み重ねの練習が必要になります。

所作も洋服の時とは違いますし、

生き方も「群れない美学」が際立てます。

群れないとは独りぼっちの淋しい「孤独」という意味ではなく淋しさは感じない「孤高」

群れるという事で生じるどうでも良い雑音が苦手。

良い意味で近寄りがたい凛とした雰囲気。

和服姿はしなやかさが必要ですので凛とした真の強さがなければ優しさからのしなやかさは滲み出ないと思うのです。

花で例えるなら花束で美しく魅せる花よりも、1輪でも主役になれる花でありたいなあと。

 

という事で今年は更に、1匹オオカミで猪突猛進というかちょっとだけ進みます。

こちらの山下小百合の美容専門ブログもアメブロと同様よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラ・ジュネス山手倶楽部

【住 所】 兵庫県相生市大石町
【アクセス】 JR相生駅徒歩約1分 姫路市内より西へ約20分
【受付時間】 10:00~17:00 完全予約制/不定休
【電話番号】 0791-23-2138

この記事の投稿者

山下小百合

お肌の改善を得意としたサロン
ラ・ジュネス山手倶楽部代表

自分の肌と自分自身の子供たちの肌もアトピー性皮膚炎で悩んだ事がきっかけとなり35歳の時に美容の勉強を本格的に開始。
原因を突き詰めると石油系合成界面活性剤などの化学物質が肌に悪いとう結論に至り取り扱う化粧品もセレクトして2001年、兵庫県相生市でサロンをオープン。

ニキビ、乾燥、敏感肌、シワ、ニキビ。これまで数多くの症例を出しています

 2017年 6月から遠隔エステを開始。

今はご来店頂けない全国の方からお肌のご相談を頂いています。

「顔は名前以上に自分を代表する貴重なパーツです」

山下小百合との出会いが自信に満ちた輝く人生の一助となりますようにとブログを毎日更新中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

コメント

comments

ページ最上部へ